大阪のデートコースに選んでみたくなる穴場スポット

大阪の街は、八百八橋と呼ばれることからも分かるように、水辺空間が織り成す景観が美しい都市です。その中には大川沿いの毛馬桜之宮公園に加えて、壮大な堀を有する大阪城もありますが、デートの穴場スポットは意外なところに点在しています。

 

十三駅の近くにある淀川河川公園は、穴場でありながらもデートスポットとしての価値は相当に高くなっています。周辺では夏場には淀川花火大会が開催されることから、注目度も最高潮に達します。ところが、普段の休日に訪れる場合には、静かな環境の中で歩くことができます。淀川河川公園からはアーチが非常に美しい十三大橋が見えますが、その背後にある梅田スカイビルの姿が好対照になっています。淀川の河川敷は夜の明かりが少なく、梅田の高層ビル群の夜景は特に美しくなりますので、夜のデートコースに加えることもおすすめできるスポットです。

 

大阪のデートコースに選んでみたくなる穴場スポット
東住吉区にある長居公園は、巨大都市の中では特に目立つ空間を有する施設です。中央部には市立長居植物園が併設されていることもあって、都市部にありながらも水辺と緑の風景が美しい環境が整備されています。敷地は極めて広大で、内部には長居球技場も併設されています。充実した施設がありながらも自然の静寂があり、ゆったりとした雰囲気の中でデートを楽しめることも特色です。敷地内にある大阪市自然史博物館についても、穴場と呼べるだけの魅力がありますから、コースを決めるときには検討してみてください。

 

大阪城は定番の名所ですが、広大な城郭の中には穴場になるような場所もあります。上町台地と大川が接する場所は、城郭の北端部に位置しており、大阪城桃園が併設されています。天守閣の周辺と比較すると静寂があり、大川の水辺風景を存分に楽しめる環境も整っています。ここからは寝屋川橋まで歩き、さらに大川の天満橋を渡ってから造幣局のほうへ進むコースも選べます。桜の時期には混雑が著しい場所ですが、普段の週末を選ぶことで、造幣局の周辺でも静かな環境下でデートを楽しめます。

 

阿倍野区にある聖天山公園は、他のスポットと比較しても穴場としての実力が違います。中央部には正円寺の伽藍があり、パワースポットとしての魅力も備えています。敷地は決して広くはありませんが、平野部で孤立する上町台地の南端部に位置することから、眺望の良さも注目されてきました。夜には真っ暗になるため、眺望は昼間に訪れて楽しむことがおすすめです。